実際に切る!だからワカる!『究極の立体《切断》』

究極の立体・ロゴ 究極の立体・アプリ画面

概要

大ヒット思考アプリ『Think!Think!』の花まるラボによる「究極」シリーズ第1弾。
デジタルならではの利点を活かし、立体の切断を容易く簡単に。

使用時期

小3・10月頃 ~

良い点

  • 実体験が難しい切断をアプリで体感
  • 紙では難しいことも3Dで簡単にイメージ
  • 3原則をどんな立体にも適用できる経験値がつく

悪い点

  • 切断したもう片方の図形が見れない
  • 辺の長さや比が参照できれば神アプリだった
  • 絶対的オススメだが、無料体験ができずオススメしにくい

感想 5点:★★★★★

立体切断というのは、中学受験の中でも難攻不落の代表格にあげられるような単元だと思います。
基本的には、同一平面・平行・延長という3原則を使えば正しく切断できますから、むしろ理屈に添うだけで簡単にも思えるのですが、
複雑な立体になると、条件がてんやわんやとなり、頭がチリチリとしてくると思います。

複雑な立体の切断
頭チリチリタイプの立体切断…

そもそも「切る」という行為は、技術的に難しく、破壊も伴うため、実体験を積むのが難しいというのがあります。
レゴやLaQといった組み立て系は数多くありますが、斬り付け系いうのは数少ないのではないかと思いますし、粘土で試そうにも器用さが必要とされます。

そこで、このアプリが登場するわけですが、さすがデジタルと申しましょうか、まぁ本当に手に取るように「切断」がわかります。
ぜひ下記の動画を御覧いただきたいのですが、3原則による切断をしっかりと体感していくことができます。


もともとで言うと、このアプリを遊ぶには3原則への理解が必要だという思い込みがあったのですが、実際にプレイしてみると、なんとなくブッた斬っていくだけでも、感覚としては十分に養うことができ、もっと早くヤルべきだったと究極の大後悔をいたしました。
切り口と辺の延長については、コツがありますので、アプリで感覚が掴めるのは大違いだと思います。

「究極」シリーズをレビューする時は、いつも高額ゆえに評点が辛めになってしまうのですが、コレは身につくスキルから言っても文句なしに5点満点です。
私の中では『立体日本地図』に次ぐ、至極のマストアイテムになりました。

使ってみて

立体切断の教材には、学研の『立方体の切断の攻略』や、『透明立体模型』などがありますが、それらには単純な立体しか用意されておらず、あまり実践的とは言えません。
このアプリには「ヤリ過ぎ」と思えるほど豊富な立体が収められていますので、かなり実用的で今回の5,000円は非常に安いと感じます。
ちょっとだけ無料で体験できることができれば、5,000円でもバカ売れしそうな気がするのですが、そこだけは本当に残念です。

リンク